TBC 鹿児島

TBC鹿児島店【最安値キャンペーン】情報はコチラ!

 

TBC鹿児島ではただ今史上最安値キャンペーン中!

 

TBC 鹿児島

勧誘・セールス一切なし! 脱毛初心者さんにも安心のTBCの痛くない脱毛始めませんか?

 

TBC 鹿児島

 

 

▼ TBC鹿児島アイムビル店 アクセスはこちら ▼

 

TBC

 

TBC

 

住 所 鹿児島県鹿児島市東千石町1-38

鹿児島商工会議所ビル(アイムビル)9F

アクセス 鹿児島市電・天文館通もしくは高見馬場より徒歩3分 アイムビル9F

営業時間 11:00〜20:00(平日)

10:00〜19:00(土日・祝日)
年中無休

駐車場 あり

 

TBC

 

 

TBCのワキ脱毛について

 

TBC 鹿児島

女性がもっとも気になるムダ毛といえば、必ず上位に入るのがワキのムダ毛です。水着でもノースリーブでも気にせず着れるよう、いつでもツルツルにしたいですよね。

 

そんな女性に嬉しいのがワキ脱毛の価格の安さです。

 

サロン脱毛は部位や脱毛パーツ数によっては料金が高くなりがちですが、ワギの脱毛は比較的安く済みます。というのも、脱毛の施術をしてもらえるエステサロンや医療機関では、ワキ毛脱毛のキャンペーンなどを実施しているところが多いからです。つまり、一番気になるワキの毛は、実は一番脱毛しやすい部位なのです。

 

中でもワキ脱毛にかかる時間は、多くの脱毛サロンで30分程あれば完全に施術が終わります。

 

ちなみに、実際にワキの脱毛にかける時間は3〜5分程度とごく短時間で終わります。その他の時間は、施術を受けるために着替えたり、脱毛前のジェルを塗ったり、施術後の肌ケアなどに当てられています。

 

TBC 鹿児島

カウンセリングや説明も含めた全体的な所要時間は1時間もかからないため、ワキ毛脱毛は比較的手を伸ばしやすい脱毛です。

 

ただし、ワキの脱毛は他の部位の脱毛よりも脱毛回数が多くなってしまいます。その理由は、ワキにある毛穴の数です。実は両ワキ合わせて、毛穴の数は約4000〜6000個ほどあるとされています。

 

その中でも、実際にムダ毛が出ている毛穴の数は約1600個ほどと言われ、全体の数の半分以上がまだ眠っている状態なのです。さらに、現在生えている毛の約7割は成長期にありますが、残りの3割は退行期に入っているため、脱毛効果が得られない種類の毛もあるのです。

 

TBC 鹿児島

結果、一度に脱毛できるムダ毛の数は約1000本ほどになると考えて良いでしょうですが、この中でも全てのムダ毛に脱毛効果がある訳ではなく、その半分である約500本ほどにしか脱毛効果が現れない場合もあります。

 

ムダ毛が密集している部位だからこそ、ワキのムダ毛を脱毛するには回数を多く設定しなければいけません。今後ワキ毛の脱毛を考えているならば、6回プランなどよりも何度でも脱毛が受けられる定額プランなどに申込する方が、何度も何度も料金を追加せずに済みます。

 

完璧に脱毛したい!という人ほど、回数が制限されていない脱毛サロンを探した方がお得でしょう。

 

永久脱毛について1

 

TBC鹿児島

「永久脱毛」?このことばに惹かれない女性はそれ程多くないのではないでしょうか。

 

日本人女性の毛はほとんどの場合黒色あるいは黒に近い焦げ茶色をしており、お肌の上でとても目立ちます。日々こまめにお手入れをしてもどんどん伸びてくるからだ中のムダ毛。

 

もういっそのこと髪とまつ毛と眉毛以外の毛は全てなくなってしまえばいいのに、なんて思う方もいるかもしれません。

 

今や脱毛サロンやエステは日本中至るところに存在し、プロによる脱毛のプログラムを組んでもらうこともごく一般的になってきました。

 

ですが巷の脱毛サロンやエステで一般的に行われている「光脱毛」の場合、毛の生えている毛根の細胞にダメージを与えることで毛の再生機能を弱らせるに留まり(ここに至るまでもかなりの回数の施術を受ける必要があります)、完全に死滅させるわけではありません。

 

ですからたまにヒョロ〜っとした細い毛が生えてきてしまったり、脱毛修了後数年するとまた毛が再生する場合もあるのです。

 

医療機関の美容外科や皮膚科などで行われている「医療レーザー」は、原理は脱毛エステの光脱毛と同じですが、その威力はずっと大きく、1回の医療レーザー脱毛を受けることで、その時成長期にある毛の毛根を死滅させることができるとも言われています。

 

このようなパワフルな効果からも、医療レーザー脱毛は一部では「永久脱毛」とも言われています。では医療レーザー脱毛を受ければ、必ずもう毛は二度と生えてこないのでしょうか?

 

永久脱毛について2

 

TBC鹿児島

「永久脱毛」と聞くと、もう一生毛が生えてこない状態を意味するのでは、と思うかもしれません。ですが残念ながらこの考え方が現状では異なるということになっています。

 

日本では明確な定義はありませんが、米国の政府機関で保健・福祉省に属するFDA(アメリカ食品医薬品局)によると、永久脱毛の定義は「一定の脱毛施術を行った後に再発毛する本数が、長期間において減少し、その状態が長期間に渡って維持されること」とされているそうです。

 

従って「永久脱毛」とは毛が永久に(二度と)生えてこないというわけではなく、ある程度長期間の間、ほとんどの毛が再び生えてこない、という状態を表しています。

 

従って医療用レーザー脱毛の施術は、FDAの定義に於いては「永久脱毛」なのです。ですから医療用レーザー脱毛を受けても、その効果は二度と生えてこなくなることを保証するものではありません。

 

これには理由があります。医療用レーザー脱毛は開発されてまだそれほど時間が経っていないのです。日本でこの脱毛法が開始されたのは1997年と、まだ20年程しか時間が経過していないのです。

 

20年程度の実績ではその効果は「永久」とは言えないということのようです。これは確かにそうですね。

 

ではもう二度と毛が生えて来ないようにする、本当の意味での「永久脱毛」は現在では不可能なのか、というとそうではありません。今現在でも本当の永久脱毛法は存在します。

 

それが実は「ニードル脱毛法」なのです。

 

永久脱毛について3

 

ニードル脱毛とは、特殊な加工がしてある金属の細い針を直接毛穴に差し込んで、その針に電気を流して物理的に毛穴の奥にある毛根組織の毛乳頭を破壊することで毛を生えてこなくするという脱毛法です。

 

毛乳頭の毛母細胞がある限りは、毛根組織の状態にもよりますが、毛は抜け落ちてもまた再生し、成長することを繰り返します。

 

ニードル脱毛法は、毛の再生を担っている毛乳頭を直接破壊するために、その毛穴からはもう二度と毛が生えてこない、本当の意味での「永久脱毛」と言えるようです。ニードル脱毛、とも美容電気脱毛、とも呼ばれています。

 

ニードルを使った脱毛法では、他の光脱毛や医療用レーザー脱毛とは脱毛の際のムダ毛に対する条件が多少異なります。

 

TBC鹿児島

他の脱毛法の場合、脱毛時にはその部位に生えている毛を全て剃ってから行います。ニードル脱毛の場合、脱毛したい箇所の毛穴から毛が生えた状態でないと施術を行うことができません。

 

ニードルを毛穴から差し込む時に、毛の生えている向きに沿って入れていく必要があるためです。針を差し込んだら微弱の電気を流します。するとすぐに毛は抜けるのでそれを引き抜く、という行為を繰り返して脱毛をしていきます。

 

毛の向きとは異なる方向に針を差し込むと激痛を起こします。そして毛の毛根部分にまできちんと針を挿入する必要があるために、毛は剃らずにのばしておく必要があるのです。

 

のばすと言っても2cm位の長さの毛が生えていれば問題はないそうです。